Uncategorized

一年の豊富に「Dry January」

「Dry January」と聞いて、何を思い浮かべますか?

「ドライな一月」とは、1月にアルコール摂取を一か月間禁酒する運動のことです。

英語で韻を踏む単語を並べるのはよくあることですが、この「Dry January」もドライの「イ」とジャニュアリイの「イ」が韻を踏んでキャッチーな聞こえに仕上がっています。

イギリスやアメリカで年々大きくなりつつあるこのイベントですが、11月の感謝祭からクリスマスはイベント続きで、飲み食いの機会が多くなるため、年末には「1月は飲まないぞ!」とDry Januaryの誓いを立てる人も多いようです。

ここで使われる「ドライ」ですが、「乾燥する」という意味ではなく「アルコールフリー」とか「禁酒」という意味で使われます。

(例)
I have been staying dry for almost 3 months now.
もう禁酒して3か月ほどになるよ。

アメリカは連邦主義なので、州や地域によってルールが違うことも多いのですが、アルコール飲料の販売を禁止している郡がいくつか存在し、それらの郡は、「ドライ・カウンティ」と呼ばれます。

(例)
In Arkansas, 34 of 75 counties are dry.
アーカンソー州の75の郡のうち、34の郡でアルコール飲料の販売が禁止されている。

旅の途中で、立ち止まった郡がたまたまドライカウンティで、レストランでビールを注文しようとしても、お酒がメニューになかった、などということもあります。

これとは反対に、アルコール飲料を販売できる郡は「ウェットカウンティ」と呼ばれます。

こんな風にお酒に関して「ドライ」と言えば、「禁酒」の意味合いと結びつけることも多いのですが、それとは別にお酒の味を表現するのに「ドライ」が使われることがあります。

甘みが少なく、どちらかというと渋みを感じるような辛口の味を表現するのにも「Dry」が使われます。
白ワインの「辛口」は、「スパイシー」ではなく、「ドライ」と表現します。

(例)
If you like ‘dry’ white wines, look for Chardonnay or Sauvignon Blanc.
辛口の白ワインが好きなら、シャルドネやソーヴィニヨン・ブランを試すといいでしょう。

一年の始まりに抱負を立てる際に人気の、 Dry January についてのご紹介でした。

ちなみに、「Dry January」ならぬ、「Damp January」というものも存在します。

Dampは「湿った」という意味ですが、濡れても乾いてもいない状態を指すこの言葉を使った「Damp January」は、「1ヵ月完全に禁酒をする自信はないけれど、でもちょっとお酒の量を減らしたいなぁ」という人が挑戦する「お酒の量をいつもより減らす一か月」の挑戦です。

私はこっちだなフフ